topics

週刊インドトピックス

Vol.0006 Amazon Foodはインドのフードデリバリー産業に新たな風を吹き込むのか?

インド大手経済メディアのThe Times of India社の2020年5 月21日付報道によると、Amazon Indiaがフードデリバリーサービス、Amazon Foodを始めたようです。Amazonのフードデリバリー産業への参入は去年から報道されていましたが、新型コロナウイルスの蔓延でサービス開始を延期していました。
現段階ではバンガロールの大規模住宅団地や、オフィスが立ち並ぶマハデバプラ地区、ベランダール地区、マラサハリ地区、ホワイトフィールド地区のみでサービスが利用できます。今後バンガロール内での利用可能地域を広げ、後にインド国内の他主要都市へのサービス提供に着手していくようです。Amazon Foodは現時点で100以上のレストランと提携しており、また、ニッチな領域のレストランとの提携を増やし、かつ、Amazonプライム会員でなくとも配達料、包装料ともに無料でサービス提供することで、インド国内フードデリバリー市場の大手ライバル企業であるZomato(ゾマト)やSwiggy(スイギー)に対抗していく、と報じられています。

Zomatoは今年1月にUber Eats(ウーバーイーツ)のインド国内事業を買収したことでマーケットシェアは38%と国内シェアトップとなり、それを同シェア27%のSwiggyが追う状況となっています。しかし、新型コロナウイルスに伴うロックダウンの影響で業績が悪化し、これまでにZomatoが約520名、Swiggyが約1,100名の従業員を解雇し、一部のクラウドキッチンを閉鎖すると発表しています。コロナ禍の影響が冷めやらぬ中でAmazon Foodがどのようにして市場のシェアを獲得していくのか、Amazon Foodのローンチによってインドのフードデリバリー産業がどう変革していくのか、そして現在インド国内Eコマース産業で2番手であるAmazon Indiaが今回の新サービスによって国内最大のEコマースを展開しているFlipkart(フリップカート)に追いつくことができるのか気になるところです。
個人的にはAmazonでよく日用品や食材を購入しているので、そのついでにご飯のデリバリー注文が出来るようになることはとても喜ばしいです。Zomatoも便利でよく利用していましたが、配達料がかかること、注文の多い時間帯には追加料金がかかることを考えると、Amazon Foodの配達料無料はとても魅力的です。

Source:Amazon、インドでフードデリバリー事業を開始