法務コンサルタント

 

インド法人/現地の弁護士とチームを組んで連携を取りながら、既存クライアントの企業法務を中心としたインド国内法務関連業務の対応、および、新規クライアントからの法律相談に対するアドバイス等をご担当いただきます。また、昨今インドへの進出が加速する日系企業・スタートアップの現地法人設立を含むインド進出総合アドバイザリーや、グローバル展開を進める日系上場企業の海外拠点ガバナンス強化のための各種法務サービスの提案や論考の執筆、セミナーへの登壇などを行って頂きます。

仕事内容

具体的には

1. 法務アドバイザリー:ローカルの弁護士と連携して、顧客のニーズを踏まえたインドへの進出から拠点設立までのコンサルティング、進出後の企業法務を中心としたインド国内関連法規に基づく各種法務アドバイザリー業務を提供。
2. 法務関連の論考執筆・ウェビナー登壇:インドの法務関連の最新トピックスや重要な法改正・日系企業に影響を与え得る重要な法律を実務的見地から記事を執筆したり、ウェビナーに登壇をして情報発信をすることで、当地インドに進出する日系企業を法律の観点からサポートします。
3. 法務サービスの提案:日系企業のグローバル化・デジタル化が加速する中で、法律実務家として企業の成長を支援するための法務サービスの企画・開発・立ち上げ。

配属先の編成

インド起業家であり、弊社代表である田中の直属の部下として配属。インドの会計・税務・法務・労務の専門チーム、南インドに常駐する5名の日本人担当者、外部コンサルタントや専門家と連携をして業務を遂行いただきます。クライアントの期待を超えるためのチームワークと現場感のある専門性を何よりの強みとしており、インド国内4拠点に在籍するメンバーがオープンに相談をし合い、事例共有や社内研修・提供価値最大化のためのを繰り返すことで、リモートでかつシームレスに連携ができるチーム編成を目指しています。

将来的なキャリアパス

当初はインド法務コンサルタントとしてご入社いただき、日系企業の法務関連業務に従事いただきますが、将来的なキャリアパスとしては、インドの法律実務に特化をしたスペシャリストや、インド進出総合コンサルタントとしてのジェネラリストを目指すことも可能。また、社内での新規事業の立ち上げやインドでの起業を弊社が支援することも可能です(起業支援制度あり)

対象となる方

法学部卒等の未経験者も歓迎!弁護士資格をお持ちの方や、日本や海外で法務アドバイザリー業務の経験者の方は優先的に選考を進めさせていただきます。

社内利用ツール

コミュニケーションツール:Slack/Zoom
データ保存・管理ツール:Dropbox
マーケティングツール:Salesforce
プロジェクト管理ツール:Salesforce

 

必須となるスキル・経験

・社会人としての就業経験3年以上
・法律事務所での就業経験、法学部出身者
・ビジネスレベル以上の英語力(外部と英語での折衝が出来るレベル)
・能動的なマインドをお持ちの方
・仕事に対して責任感を持って取り組める方

追加であれば好ましいスキル・経験

・弁護士資格保持者
・インドへの渡航経験者
・個人情報保護や知的財産権、情報セキュリティー関連業務経験者

募集要項

勤務時間:10時‐18時
勤務地:インド(原則、チェンナイまたはバンガロール。希望に応じてリモートワークOK)
給与 年俸:200万ルピー~400万INRルピー程度
休日・休暇:土曜、日曜、祝日、有給
福利厚生:交通費全額支給、健康保険、VISA取得、FRRO(外国人登録)、および、個人所得税の確定申告費用会社負担、年2回一時帰国費用会社負担(但し、日本出張が入る場合にはこれを含む)

 

あなたの可能性を無限に引き出せる舞台がここに!
エントリーはこちらから